キッチンカー営業について

キッチンカーというのは固定店舗に比べて簡素な料理や一般的な食べ物を売る店、というイメージが強いかと思います。

クレープとか回転焼き、たこ焼き、アメリカンドッグ、etc… 

そこにこだわりがあるんか?

というようなメニューが結構多いような気がしています。

更に言えば屋号もなく、暖簾やのぼりも既製品で、1日で準備しました!みたいな学園祭ノリのキッチンカーも見受けます。

まあ料理の味に拘っていて美味しかったらいいんですが、言わずもがな…。(-_-;)

やっつけで「大勢いるとこでこれ出しとけばそこそこ売れるやろ!」ていうキッチンカーの何と多いコトよ…。

キッチンカーの開業資金は固定店舗に比べて低いし、始められやすいというメリットはありますが、あまりにも安易に商売を考えてる人が多いんじゃないかな?と思います。

なので、ただ今絶賛キッチンカー事業を始めようとしていますが、自分自身はキッチンカーで売ってる食べ物はあまり買わない派なんですよ…。

某日本最大手のキッチンカー制作会社のセミナーに行った時も「キッチンカーではこだわった料理より、誰もが知ってるクレープとか作って売った方がいいですよ」みたいなコトを言われましたし…。

それってレッドオーシャンじゃなくね??

キッチンカーって何か安っぽいし、大したモノを売ってないというイメージ(自分だけ?)があるんですが、もっと可能性があるような気がしています。

なのでそこは逆にどこもやらないようなジャンルを攻めようかと。

うずらん本舗ではオリジナルの料理で、まだ認知されない新しいモノを提供していきたいと考えています。

もちろんうずら丼もその一環なんですが(キワモノ扱いされてますがw)、これからも立ち止まるコトなく精進して美味しいモノ・新しいモノを提供していきたいと思います!

コメント